柏市の家族葬の特徴について述べます

家族葬は最近になってよく聞かれるようになった用語ですが、実際には明確に決まりきった定義があるわけではなく、葬儀に対する人々のニーズの変化のなかで、自然にあらわれたものといえます。そのため、葬儀を行う地域によって、あるいは葬儀社によって、微妙にその意味するところが違っていることがあります。千葉県柏市は、北総地域のなかでも特に戦後から商業の中心となった都市であり、伝統的な葬儀のありかたのほうが好まれる田舎の地方とは一線を画しています。新しいタイプの葬儀についても、割と抵抗感なく受け入れられている環境があるため、家族葬についても他の地域よりは一歩進んだ部分があるといえ、対応が可能な葬儀社についても、比較的容易に探し出すことができる地域になっています。

親しい範囲の友人程度はターゲット

家族葬という言葉からは、亡くなった人の家族だけでひっそりと執り行う葬儀のイメージが拭いきれませんが、実際には言葉のイメージとは異なる部分があることは確かです。柏市で行われている実例からは、もちろん純粋に家族だけで執り行われる場合はあるものの、どちらかといえば、亡くなった人の親戚と、亡くなった人とは生前から親しく交流を続けていた友人や知人程度の間柄にある人は、積極的に参列してもらうことが多いといえます。したがって、これまでからあった密葬とは違い、単に儀礼的に参列するだけの人は除外しつつも、かならずしも家族や親族などの血縁的なつながりだけが重視されているわけではないところが特徴となっています。密葬とは違って、本葬を後日執り行うことはなく、その日限りの別れとなってしまう点も、血縁者以外を招く理由のひとつといえます。

アットホームな雰囲気は重視される

柏市における家族葬の特徴として、儀式としてはあまり似つかわしくない、アットホームな雰囲気も挙げられるところです。実は葬儀の流れそのものについては、僧侶による読経、参列者の焼香、喪主のあいさつなどはたいてい含まれており、伝統的なものとそれほど変わりがありません。にもかかわらず、アットホームな雰囲気があるというのは、亡くなった人をよく知っている人たちだけに参列を許していることに加え、いくつかの要素を指摘することができます。たとえば、葬儀の最中に生演奏を用意していたり、祭壇に安置する遺影以外にも、会場内に亡くなった人の思い出の写真、趣味の工作などを展示していたりすることがあります。これらは伝統的な葬儀ではあまり例がないものですが、参列者が限定されているがゆえに、違和感のない哀悼の表現として受け入れられています。

ご葬儀のことなら地域から愛され続けている昭和セレモニーへお任せください。 地域の皆様に精一杯のサービスを。市川市・柏市・松戸市・船橋市にお住まいの方々のご葬儀は当社へお任せ下さい。 最初から最後まで同じスタッフが担当し、しっかりサポートさせて頂きます。 当社はお急ぎの方に対しても安心して頂ける24時間対応をご用意しております。 柏市の家族葬は昭和セレモニーにお任せください